料理も割と好きです

子供のリクエストが多いのはグラタン、ピーマンの肉詰め

 

1969年京都生まれ。

小さな頃より絵を描くことが好きだった。

今でも覚えている。幼稚園、お堂におさめられていた仏様を初めて大きな画用紙に絵の具で

描いた。いつでも工作やお絵描きの時間は「ワクワク」が一杯だった。

大阪芸術大学美術学科 卒業

大阪 織物会社に入社 自動車、観光バス、電車などのシート生地の企画、

デザイン、開発に携わる。

結婚後、フリーでテキスタイルデザインを描く。パンフの挿絵やロゴ等を作成する事もあり、

楽しく仕事をこなす。

数年後、出産や不景気で仕事が減る中、夫の転職で浜松に転居。

慣れない土地でまだおむつの取れない年子2人の育児と家事に奮闘。

子が幼稚園に上がり、絵画教室のスタッフとして働き、久しぶりに絵やもの作りに触れる。

子供が心のままに自由に描く絵に、感動しモノづくりの楽しさや素晴らしさを心に呼び戻す。

やがてカルチャールームや自宅で絵やモノづくりを教えるように。

「これでいいの?」「この色でぬっていい?」

子供たちにこんな風に聞かれる事も多く、戸惑う。もっと自由でいいのに・・・

 出来上がったものが「きれい」だったり「「かわいい」のはとても嬉しい。

でも作る過程にこそ、自分だけのものを作り出す創造力が育つヒントが詰まっている。

きれいでなくていい。作ってみたい、こうしたい、どうすればできる?失敗した、違うやり方でやってみる、なんか出来た!すごい!を味わってもらいたい。

創造力は子供たちが未来を生き抜く力になる、私はその種をたくさん蒔いて、子供たちには自由に

色とりどりの花を咲かせてもらいたい。

その思いを胸に、自宅で教室を開講。お散歩に出て拾った葉っぱで作品作り、粘土で干支作り、和紙を染めてランプシュード作り、夏にはお外で氷絵、版画、自分で染めた色砂で砂絵、月見団子作りなど様々なカリキュラムを準備、一人一人と向き合い楽しいモノづくりの場所作りを目指している。